三木破り3回戦進出/秋季高校野球香川大会

2021年9月18日

秋季四国地区高校野球香川大会は18日、2回戦5試合が2会場で行われ、高松市生島町のレクザムスタジアムで三木と対戦した本校は9対6で勝ち、今大会から指揮を執る藤澤昌司監督の初陣を飾りました。

2回、敵失に乗じ内野安打1本と犠打で2点を先取。中盤はやや攻めあぐみましたが終盤に西田、西山らの長打を絡めて効果的に追加点を重ね、10安打で9点を奪いました。

先発の鴨部は制球に苦しみながらも序盤の3回を無失点で踏ん張り、4回から富田にリレー。6回以降は二遊間コンビの志度、二見が登板。最終回に3点差まで追い上げられましたが、二年生投手計4人のリレーで三木の追撃をかわしました。

次戦は9月23日に高松北―高瀬の勝者と対戦する予定です。

 

写真①序盤3回を無失点に抑えた鴨部

写真②2回、志度の一塁ゴロが敵失を誘い2点目

写真③9回、8点目となるタイムリーを放ち、3塁に滑り込む西山