高松北に惜敗、8強ならず/秋の高校野球香川大会

2021年9月23日

秋季四国地区高校野球香川大会は23日、高松市生島町のレクザムスタジアムなどで3回戦4試合が行われ、本校は2-3で高松北に惜敗。夏に続いてのベスト8進出を惜しくも逃しました。

先発の1年生左腕・中原は2回、制球を乱し3失点。苦しい立ち上がりでしたが、3回以降は粘り強いピッチングで相手打線をかわし、バックの好守にも助けられて8回を一人で投げ抜きました。

打線は5回に9番向井の左中間適時2塁打、6回には5番松本の左前タイムリーでそれぞれ1点を挙げ、懸命に追いすがりましたが、好機にライナー性の当たりが野手の正面を突く不運も重なり、あと一歩及びませんでした。

 

 

①スコアボード

②粘り強く、8回を一人で投げ抜いた中原

③5回表、9番向井が左中間に2塁打を放ち、1点を返す

④向井の適時2塁打でホームインする市原

⑤6回表、5番松本がレフト前へタイムリー

⑥松本の適時打で志度が生還、2点目を返す

⑦惜しくも8強ならず。試合を終え、ベンチ前で一礼するナイン