チアリーディング部、パワフルな演技

2020年9月13日

 チアリ―ディング部の18人が9月13日、高松市のサンポート高松大型テント広場で開かれた「かがわハッピータイムフェスティバル2020」に出演し、息の合ったパワフルな演技でイベントを盛り上げました。
 
スクールカラーの青を基調にしたユニフォームの生徒たちは、大塚愛「フレンジャー」、アヴリル・ラヴィーン「ガールフレンド」の2曲の演技を披露しました。新型コロナウイルスの影響で校内外の行事やイベントが相次いで中止になり、3年生にとっては、この日が今年最初で高校生最後のステージ。「コロナ禍で沈んでいる人たちや街に元気をプレゼントしたい」と、思いの丈をリズムに乗せ、笑顔を絶やさない躍動のステージで来場者から盛んな拍手を受けていました。 

書道パフォーマンス大会に初出場しました

 第9回うどん県書道パフォーマンス大会が9月13日、高松市のサンポート高松デックスガレリアで開かれ、本校書道部が初出場しました。

 県内の高校19校から計約170人が参加し、本校書道部は1年生9人がはかま姿でパフォーマンスを披露。6分間の制限時間の中で、ONE OK ROCKの「We are」と和太鼓曲「突貫」の2曲に乗せ、縦4㍍、横6㍍の大きな紙に緩急をつけた所作で筆を走らせました。高校生になって叶えたい夢や憧れを自分からつかみにいく、という強い想いを6行の短詩形で表現。真ん中に「覚悟」の二文字を力強く書き上げました。